2011年10月31日

保存鉄道と交通博物館

蒸気機関車

今回、同行者の強い希望により、保存鉄道と交通博物館にも行ってきました。

とはいえ、実は出発前にはあまり観光については調べていなくて、ロンドンについてから慌てて調べたのでした。
グリニッジに行ったときに観光案内所でパンフレットを貰って、でもイマイチ詳しい場所など分からなかったので、ネットで調べたのです。ネット凄いなー、便利だなぁ。

いくつかパンフを貰ったうちで一番行きやすそうだったBluebell Railwayを訪ねてみることに。
London Victoria駅から最寄りのEast Grinstead駅までは乗り換えなしで1時間弱、そこからBluebell鉄道まではバスです(時間は良く覚えてないけど10分から20分ぐらい)。
休日などにはBluebell鉄道までの通しチケット(ロンドンからの鉄道とバス、Bluebell鉄道乗り放題が込み)が発売されていました。

水、補充中

蒸気機関車に水を補充しているところ。
そうだよねー、"蒸気"だもんね、水が必要ですわなぁ。

三輪トラック

駅舎の前には昔の三輪トラックも飾られています。

駅舎

駅舎も時代を感じさせます。めちゃくちゃ可愛い。

駅舎のガーデン

さすがイギリス。駅舎の周りのお庭も素敵。

なにがすごいって、この鉄道は基本、ボランティアの皆さんで運営されています。
年配の方が多かったけど、中には本当に鉄道が好きなんだなーと思われる高校生もいました。(そして彼が何事にも一番詳しかった)

食堂や売店の売り上げは鉄道の運営に役立てられるそう。
もちろんしっかり食べて買い物もしてきましたですよ。(古本も売ってた)

今回、中国、韓国の観光客が多いことに驚いたのですが、ここみたいなちょっと田舎にやってくるアジア人観光客はなぜかほとんど日本人でした。この日も4〜5組見かけました。

牛たち

イギリスの田舎のこういう風景が好きだわ〜。
一面の牧草地に牛や馬、羊がいっぱい♪

ロンドン交通博物館

ロンドンでも交通博物館に行ってきました。
コベントガーデン駅からすぐ、ロイヤルオペラハウスにも近い、とても便利な場所にあります。
昔からの様々な交通機関が展示されてます。
入口を入ったらすぐに、東京の地下鉄路線図が目に入ってびっくりしましたー。
各国の地下鉄の路線図が壁紙になってたのでした。

写真は鉄道馬車かな。
posted by ぷぅ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:海外

2011年10月14日

グリニッジ

天文台からの景色

前回、イギリスを訪れた時には「遠いし〜、地下鉄のエリア1の外だから高いし〜」と行かなかったグリニッジ。
泊まった場所から近かったんですねー。
ちゅうか、今回泊まったホテルはグリニッジよりもさらにロンドン中心部から遠かったという…(汗)

天文台からロンドン方面を見下ろすと本当に見事。
そう、ここまでは歩いて登ってこないといけないんですねー。
公園に入ってすぐの場所から天文台を見上げた時は、「そこそこね」と思ったんですが、坂が緩やかで周りが開けてるもんで距離感が良く分からなかったらしく、思ったよりも遠かったです。

子午線礎石

これが子午線を示す礎石。
天文台の外側の石垣も貫いてます。ここはお客さんがいっぱいで写真を撮りづらかった…。

標準時の時計

標準時のラインの上にある時計です。年代物だよ。

ガイドブックなどには天文台は入場無料とありますが、庭の一部は無料ですが、本格的に中に入るには10ポンド必要です。最近、変更になったそうです。
昔の時計がいっぱい飾られてあったり、カメラ・オブスキュラ(フェルメールが使っていたと言われる道具。映画『真珠の耳飾りの少女』にも出てきます。)の実物があったり、面白かったです。

天文台の中の螺旋階段

天文台の螺旋階段はぐるぐる〜。
高所恐怖症の人には辛いかも。

グリニッジには他にも国立海洋博物館やThe Queen's House(一番上の写真、一番手前に見えている建物)などがあります。海洋博物館は入口のおにいちゃんがとても親切だったよ…。
どちらも無料(寄付推奨)です。
カティーサーク号があるというので見に行ったら、数年前に火事が起きたので修理中だったよ…。

駅前はマーケットや小さなレストランがあっていい感じに田舎っぽくてわたし好み。
機会があればもっとゆっくり訪ねてみたいな。
posted by ぷぅ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:海外

2011年10月12日

跳ね橋、今も使ってたのね。

タワーブリッジ

空港からホテルまではタクシーに乗りました。おなじみの黒い観音開きのロンドンタクシー。
ロンドンは来年のオリンピックに向けあちこちが工事中で(特に道路)、恐ろしく渋滞していたりします。
空港に着いた時間帯がまたマズくて、18時過ぎ…。渋滞まっ最中でした。
でも、運転手さんがとても良い人で乗車中も、タクシー仲間と無線で空いている道を探してくれて、状況を説明してくれ、最終的には料金も10ポンドほどオマケしてくれました。ありがとう〜。

今回、ラッキーなことにタワーブリッジが跳ね上がるところを見ることができました。
たまたま船が通る時間だったのね。
跳ね橋が上がる時間は日によって違うようです。
橋の南岸の事務所の前にスケジュールが張り出されていました。(追加。サイトからも確認できます)

船通行中

マストしか写ってませんが、橋の間を船が通っています。

でも、まだ跳ね上がるんだったのね、今はもう上がらないかと思ってたので驚いたわー。
posted by ぷぅ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行:海外