2011年02月18日

二月大歌舞伎 夜の部@大阪松竹座

ちゅう訳で、夜の部も行ってきました。歌舞伎。今回、運良くほぼ半額のチケットが手に入ったのねん♪(某百貨店の友の会のおかげ)

演目は「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」。
鶴屋南北作らしい、人間関係の入り組んだ、おどろおどろしーく血腥〜い復讐劇です。
とはいえ、そこは様式美の世界。美しく描かれてます。

同じく仇打ちもだけど、昼夜全く雰囲気が違います。
個人的には南北の下世話な感じも良いなぁと思う。
夜の部も愛之助さん大活躍。
(そして、昨日は舞台外でも大騒ぎだったようで…とほほ)
posted by ぷぅ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎

2011年02月07日

二月大歌舞伎 昼の部@大阪松竹座

久々に歌舞伎『二月大歌舞伎@大阪松竹座』に行ってきました。
昨年はちょっと予定が立ちにくくて二の足踏んでたのね。
やっと落ち着いたし、しかも今月は仁左衛門丈がたっぷり出るのでこれは観に行かなくてはっ!ということで。今度、午後の部も観に行くんだ〜♪
関西初上演の演目もあるし、仁左さまが初演の演目もあり贅沢だわ〜。

歌舞伎座が改築中なので関西での公演も多いんですよね。
できるだけたくさん観に行きたいけど、お財布と時間と相談だな(爆)

『彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』は通し狂言では初めて観ます。関西での通し上演は67年ぶりだそうな。
「毛谷村」の段だけは以前に観たことあるのかな、確か。

仁左衛門さまが素敵だったのは言うまでもありませんが(笑)、敵役を演じた愛之助さまも良かったわ。
通しで観るとお話が分かりやすくていいですね、やっぱり。
仇打ちものでシリアスな話なのですが、細々と挟まるコミカルなシーンが良い感じです。
posted by ぷぅ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎

2009年02月19日

二月花形歌舞伎・夜の部@松竹座

というわけで、二月花形歌舞伎・夜の部にも行ってまいりました。

『実盛物語』以外は初めて観る演目ばかりでちょっとうれしかった。
新歌舞伎(昭和十年初演だそう)の『吹雪峠』は、女と男(現、商人で元やくざ者)と女の前の夫(やくざ者で現在の夫とは義兄弟)の三人が吹雪の中、小屋に閉じ込められ…という心理劇。パッと見ると暗くなりそうなお話ですが、現在の夫がなんとも頼りなくて憎めないキャラクターです。でも、ラストはなかなか渋いです。
『蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)』は舞踊がメイン。早変わりも見事で見惚れます。

最後にアンコールとスタンディング・オベーションがあって、歌舞伎では初めてだったので驚きました。その時の獅童さんのしぐさが面白かった。
(あ、思い出した。平成中村座を観に行ったときにスタンディング・オベーションがあったわ)

このメンバーの公演は面白かったので、ぜひ来年以降も大阪で開催して欲しいな。
posted by ぷぅ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎