2013年09月20日

歌ってます。

B0002CHQKIGOLDEN☆BEST/太田裕美 どんじゃらほい~童謡コレクション
太田裕美
Sony Music Direct 2004-08-03

by G-Tools


あいかわらずなかなか時間がつくれません。
本はそれなりに読んではおりますが、抱っこで寝てしまったムスメをベッドに下ろせず、仕方ないので片手で本を開いてる、という。あ、そういう時には電子書籍ってとっても便利です。いまさらながら、「買ってて良かった〜」と思います。文庫、新書はまだ読める。キツイのはハードカバーですね。

で、ムスメが歌が好きなのでいろいろ歌っております。下手だけど。それでも、ハハの声が良いようなので、レパートリーを増やしたいなと話していたら、弟がこのCDをプレゼントしてくれました。ありがとう。
太田裕美さんご自身が子どもさんに歌っていた童謡を集めただけあって、選曲が素敵です。アレンジも凝りすぎてなくていい感じです。

でも、童謡って切ない歌詞が多いですねぇ。『しゃぼんだま』とか昔から、この物悲しさは何故?と思ってたんだけど、『りんごのひとりごと』なんてりんごの話だと思っても悲しいのに、あの歌詞で昭和の始めの歌だなんて、りんごは娘さんの喩えだとしか思えなくて(お店のおじさんにお顔をきれいにみがかれて、皆で店先に並ぶんですから)、歌ってて涙がでますわ。
先日は『どんぐりころころ』を歌ってたら、ウチのオジさんに「かわいそうやなぁ。だって、絶対に山には帰られへんねんで」と言われ、歌えない歌がまたひとつ増えました。これ以上、増えないように祈ろう。
posted by ぷぅ at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
やほ!子育て奮闘中ですね、お疲れ様です!
うちも子守唄歌って育てましたが便利ですよ。
大きくなって、寝付きが悪くて困った時や夢にうなされた時なんかに、赤ちゃん時代の子守唄を歌うとすんなり寝てくれます。
我が家の黄金パターンは、ゆりかごのうた→海ほおずきの歌→砂山です。確実に寝ます。
歌詞の意味とか考えると日本の子守唄は殆ど歌えないね(起きて泣く子の面憎さ♪だの、守も嫌がる盆から先にゃ♪だの、盆がはよくりゃはよ帰る♪だの、はよ寝ろ泣かんでおろろんばい♪だの、赤子を脅しつける文句ばっかり)。
でもメロディが寝かしつけにちょうどいいから気にせず歌ってましたわ。
お母さんといっしょやいないないばあとかでもいい曲かかるから要チェックよ♪
Posted by ☆なかさん at 2013年10月18日 11:37
ちは!がんばってます♪
子守り歌、歌ってるんですが、寝かしつけではないのよ〜。
なんせ、夜の早い子でねぇ。5〜6時頃には眠くなってグズグズ言いはじめて、おっぱい飲んだらコテンと寝てしまうので歌う間もないと言う(⌒-⌒; )
わたし的には後1時間遅く寝て、1時間遅く起きて欲しい、って贅沢ですね。
歌は昼間、グズった時に歌ってます。なので面白いのとか賑やかなのが多いんですよね。『森の小人』や『おすもうくまちゃん』とか。うーん、将来の寝かしつけには、使いにくそうだ(汗)
もう少し使えそうな歌も歌うことにしよう♪
お母さんといっしょといないいないばあですね!チェックしま〜す。
Posted by ぷぅ at 2013年10月18日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100552222

この記事へのトラックバック